サウナ中ドリンクにアイスボックスソーダをおススメする理由

SHIAGARU SAUNAではサウナの中で飲むサウナ中ドリンクを推奨しています。

サウナの中でドリンク?と思われる方もいるかもしれませんが、サウナの中でドリンクを飲むことは脱水症状や熱中症の予防に効果的で、ととのいやすくもなるんです!

この記事ではサウナの醍醐味である汗をかく事と水分補給の関係について、サウナ中ドリンクについて詳しく説明します。

サウナの中でドリンクを飲むのが良い理由

サウナに1回入ると、約300~400mlの汗をかきます。

汗の中には、水分だけでなく、老廃物や毒素などが流れ落ち、身体がリフレッシュされる反面、ナトリウムやカリウム、カルシウム、マグネシウムなどの電解質と呼ばれる体内のバランスを保つために重要な成分も汗と一緒に体外に排出されます。
水分と電解質が失われると、脱水症状や心臓の機能不全、血圧の急激な上昇などの悪影響を及ぼします。

そのため、サウナを安全に効果的に楽しむためには汗で失われた水分と電解質の両方を摂取する必要がありますが、水分補給をしてから体内に吸収されるまで約20~30分かかると言われており、サウナを出た後に水分を補給しても遅いのです。

SHIAGARU SAUNAでは通常、サウナを出てから、水風呂に入り休憩をしてまたサウナに入るまでの動作を平均10分間で行っています。
サウナを出てから水分補給をすると、2セット目のサウナは体内の水分と電解質が不足した状態でサウナに入ることになってしまいます…

では、どうすれ体内の水分を保ったままサウナに入れるのか?
当たり前ですが、汗をかいたらすぐに水分を補給すること。
サウナの中で水分を補給することが、より効果的で安全にサウナを楽しむための一番の近道なんです!

・サウナの中でドリンクを飲むと整いやすい?

ととのいをより大きくしたい時に一番気を付けるべきことは「交感神経と副交感神経のギャップを大きくする」ことです。

実は、サウナに入った瞬間に「熱い!」と感じるサウナと「気持ち良い!」と感じるサウナでは自律神経の変化の仕方が異なります。
熱い!からスタートするサウナは最初から交感神経が優位になります。
気持ち良い!からスタートするサウナは最初は副交感神経が優位になり、その後、徐々に交感神経が優位になります。
そのため、「気持ちい!→時間が経って熱い!」サウナの方が、ギャップが大きくなり、よりととのいやすくなります。

そして、サウナ室でドリンクを飲むと気持ちい!からスタートするサウナと同じ効果が期待できます。
ドリンクを飲みながらサウナに入ることで、徐々に身体が温まり、副交感神経優位→徐々に交感神経優位になります。

また、
・体内の水分が少なくなると交感神経優位になりやすい→ドリンクを飲んで気持ちよくサウナに入ることで副交感神経優位になる
・サウナに入る時間が平均2分間伸び(SHIAGARU SAUNA調べ)、普段温まらない身体の部位まで温まりいつも以上に汗をかく
・脱水症状などの不安が少なくなり、よりサウナに集中ができる

など、サウナの中でドリンクを飲むことで、ととのいやすいサウナの入り方に繋がっています。

サウナ中ドリンクとして向いている・向いていない飲み物

では、サウナの中ではどんな飲み物でも飲んだ方がいいのでしょうか?
答えはNOです。

飲み物によっては悪影響を及ぼすものもあります。

× アルコール

利尿作用でトイレが近くなり水分が排出された状態になりやすく、アルコールを分解する際にも体内の水分が使用されるため、身体は脱水状態になっています。
そんな中サウナに入ると脱水状態が加速して危険です。
また、酔った状態だと心拍数の上昇に気づきにくいという報告もあります。心拍数の上昇に気づかないと無理をして入っていることに気づかず、熱中症で倒れてしまう危険もあります。

お酒を飲んだ時はサウナに入るのは避けてください、SHIAGARU SAUNAでは飲酒をされたお客様のご利用は固くお断りしています。


× コーヒー
コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があるため、アルコール同様、脱水症状になる危険があります。
また、カフェインは一時的に血圧を上昇させる効果があり、サウナと相まって普段よりも血圧が上昇してしまう危険があります。
できるだけサウナの前、サウナ中には接種を控えた方が良いです。

▲ お茶
お茶にもカフェインが含まれているためあまりサウナの時に飲むのはおすすめではありません。
しかし、「麦茶」は別です。カフェインレスですし、ミネラル(ナトリウム、カリウム、マグネシウム)が含まれているので、汗をかくことで失われた水分+ミネラルが補充できます。
なので、サウナでお茶を飲みたい場合は麦茶を飲むようにしましょう。


▲ 水
一見、水はサウナで飲むと効果的なように感じます。
しかし、水は水分補給はできても失われた電解質は補給できません。

夏の暑い日に水は飲んでいたけど熱中症になってしまったというニュースを目にすることがありますが、これは水分は取っていたけど電解質が取れていなかったことが原因だと考えられます。


▲ スポーツドリンク

スポーツドリンクは水分補給に優れた飲み物だということは周知の事実ですが、一点気を付けないといけないことがあります。

サウナに入る直前やサウナ中に糖分を取り過ぎると発汗作用を阻害するという研究があります。
意外にもスポーツドリンクには多くの糖類が含まれており(あるスポーツドリンクは100ml中、約5gの炭水化物(糖分)が含まれています。)
そのため、スポーツドリンクでも糖分の少ないものを選ぶのがいいでしょう。

SHIAGARU SAUNAでもよくお客さんからオロポをサウナ中ドリンクにしないんですか?と聞かれるのですが、オロポは糖分が多いためサウナ中ドリンクには向いておらず提供をしていないんです。


〇 経口補水液

経口補水液は水、糖分、電解質(特にナトリウムとカリウム)でできています。スポーツドリンクの所で糖分が入っていると…と書きましたが、汗で糖分も失われているため、適度な糖分はサウナ中に必要なんです。

経口補水液は腸での吸収が速やかに行われるよう、血液に近い浸透圧に調整されているので、脱水症状を緩和し、電解質バランスを回復させるために使われるため、サウナ中にはもってこいです。


〇 低浸透圧飲料

低浸透圧飲料は体内への水分や栄養素の吸収を促進するために、浸透圧が血液や体液の浸透圧よりも低く設定された飲み物です。
こちらも水、糖分、電解質(ナトリウム、カリウム、カルシウムなど)が主な成分で体内に素早く吸収されることから、運動時や暑い時の水分補給に向いています。

アイスボックスも低浸透圧飲料を凍らせた製品なので、汗をかいた時に必要な成分を速やかに摂取することができます。

・アイスボックスソーダの魅力

SHIAGARU SAUNAではアイスボックスソーダを一番おすすめにしており、サウナ中ドリンクを注文する80%のお客さんがアイスボックスソーダを注文しています。(リピート率は驚異の90%!)

アイスボックスソーダをおすすめする理由は単においしいからではなく、医学的にも(低浸透圧飲料でサウナに最適)体感的にもアイスボックスソーダを飲むことでよりサウナを効果的に楽しむことができるからです。

医学的に見たアイスボックスソーダの利点については、サウナドクターのYsk氏の書いたこちらの記事に詳しく書かれています。
https://madsaunist.com/archives/3609

その他
・専用ボトルに入れることで徐々に氷が溶けるのでサウナの中に置いていても2時間持つ(炭酸水お代わりしても味が長持ち)
・炭酸水と割っているので糖分の取りすぎにならない、サウナで味覚が敏感になっているので十分甘さを感じる
・熱いサウナ室の中で飲むキンキンに冷えた微炭酸がたまらない

など、毎日50杯前後のアイスボックスソーダを提供してきたSHIAGARU SAUNAが自信をもっておすすめするサウナ中ドリンクです!

初めてSHIAGARU SAUNAを利用される方は、多くの方がサウナの中でドリンクを飲んでいる姿に驚くはずですw
予約の際に事前にドリンクの注文もできるので、気になった方は注文してみてください!

—————————————————–
参考文献
医者が教えるサウナの教科書
医者が教える究極にととのうサウナ大全
madsaunist サウナドリンクICEBOXSODA